猫 餌 ランキング

猫 餌 ランキング

猫 餌 ランキング

猫 餌 ランキング

 

完全母乳育児
母乳育児の良さが言われ続け、粉ミルクをいっさい使わない完全母乳育児も推奨されている現在ですが、実行され続けられる割合は次第に低くなり、母乳育児は難しいものと、あきらめる現状があります。出産を控えたお母さんのほとんどが、生まれた赤ちゃんを抱っこし、ご自分の母乳を飲む我が子の顔をながめる姿を夢見るもの。しかし、育児に関するインターネットなどからの沢山の情報も、マニュアルのように受け取る場合が多く、不安感の要因になっているとも言えます。様々な例をマニュアルのようにとらえ、“私には無理”、と判断し、早いうちに母乳育児を諦めてしまうようです。調査によると、ほとんどの妊婦さんが持つ母乳育児願望は、産後には50%になり、一か月検診時には30%、とも報告されています。赤ちゃんとお母さんの体も個人差があり、環境や状況も個々に差異があることを踏まえて、すぐに諦めてしまわず、ご自身に合うスタイルを模索し続けてみることも大事です。現代の乳児を育てるお母さん達の環境は、とても大変なものがありますが、それでも何とか母乳にこだわって欲しいと推奨されるのには、母乳には赤ちゃんの一生の健康状態に関わる大事な成分があること、お母さんの心身の状態とも深い結びつきのあることが、証明されてきているからなのです。

 

 

母乳育児からもらう母子のメリット

母乳のメリットが再認識されるに伴い、粉ミルクを使わない完全母乳育児が、推奨されるまでになってきています。二人目以上の出産では、すでに経験してきますが、母乳育児には予期せぬことが多々起きるということを当然のこととして、当初から受け止めておくことは必要です。母乳が赤ちゃんに与え続けるものは、貴重な栄養や成分をはじめ、その他にも沢山の要素を含んでいることを学んで、推奨されている母乳育児を実現させて頂きたいところなのです。母乳には、後天的には難しい免疫物質が潤沢に含まれていることがまず挙げられています。お母さん以前から頂いてくる免疫は、そのままで病気にかかり難いとか、アレルギーになりにくかったり。また母乳からの授乳は、人口の乳首から吸う40倍ものあごの力が要求されます。このことは、最近疑問視されている子供のあごの発達面に、貢献していることが証明されており、その後の食育にも大きく関わってくることが言われています。また、お母さん自身のメリットを考えると、授乳は子宮の収縮を促進するので、産後の回復率が早いこと、夜中の授乳が簡単なこと、ミルクにかかる費用が無であること、そして何より、授乳を通して赤ちゃんへの母性が育っていくことが、挙げられています。

 

母乳の授乳は、育児の初めの一歩

完全母乳育児とは、粉ミルク等を併用せず、母乳だけでする育児のことを言います。推奨されている完全母乳育児ですが、実践に関する情報は、30年余り前からすると、数十倍の情報が行き交っているとも言われています。それらの情報に当てはまらないと、だんだん難しく感じて、母乳育児を断念してしまうお母さん達が多いのも、事実のようです。出産前のお母さんのほとんどが母乳育児に希望を抱きながら、出産後の1か月検診の時は30%にまで減少しているとのデータもあります。この間に、個々の状況の差異から起きる情報と現実とのギャップに、母乳育児は困難と感じてしまうところがあるようです。各母子には個人差があることを認識したうえで、早いうちに諦めてしまうのではなく、母乳が赤ちゃんにもたらすかけがえのない大きなメリットの数々を考え、もう少し長く努力してみることも、大事なことです。また、母乳育児は単に母乳の成分が貴重ということだけではなく、授乳することで母親自身に母性を育みます。この関わりが母体の産後の回復を早める、等など。赤ちゃんとお母さんのこれからの結びつきにも大きな影響をもってきます。授乳が心身両面で、育児の初めの一歩になることに留意しておくのも、大事なことの一つのようです。